山形県鶴岡市の「整体院らくしゅみ」公式【腰痛、肩こり】操体法による全身バランス矯正が人気!

ブログ(アーカイブ別)

本年は大変お世話になりました。どうぞよい年をお迎えください。

2016年12月30日 

当院へいらっしゃる方すべてにいえる事は、

個々其々の痛みとか不快等のストーリーがあって

不安を抱えて辿りつくという事。

絶望とはいかないまでも頭の中をかすめ耐えている方達に

希望の一歩を踏み出すお手伝いというか

一筋の光を届ける事が出来たのではないかと

先程お帰りになられた今年最後のお客様を見送って

そんな事が頭に浮かんでいます。

もの凄~く痛くなって先が見えない方達が

快方に向くように2017年はさらに精進します。

来年もよろしくお願いします。

これで明日も働けるよ!

2016年12月15日 

img-chara4

景気が良いのはいいんだけど身体がおっつかなくてと定期的に来院してくださるIさん。

あきらかに許容量を振り切れているのが全身の緊張具合から解ります。

特に背中から腰にかけてと、ふくらはぎから足首がバリバリです、

こういう時も患部はなるべく触りません。体の奥深くから表層に連動するように緩めていきます。

少しすると寝息が聞こえてきました。睡眠を妨害しないように施術を続けていきます。

呼吸もだいぶ深く入るようになり、起きていただいて最終調整。

体もだいぶ滑らかに動くようになりお顔もスッキリされています。

いや~ だいぶ楽になったよ これで明日も働けるよ 

車に乗り込むなり 痛くね~よ! いつもながら不思議だ!と満足のIさん。

また無理するんだろうな~。

楽と快

2016年12月12日 

先日の永福寺での操体健康教室の折、住職から操体法が良いのは解ったけど

「何事も頑張らないで楽な方に動くのが良いというのは」お寺としてどうかな?と

感想をいただきました。

凄く良い所を突いてくると感心したのと同時に

 

「おー危ない危ない、肝心な事が伝わっていない事にどきりとしました」

 

「辛い動き痛い動きの反対の気持ち良い動きをする」と病気が治ると説くのが操体法です。

こう書くと、な~んだやっぱりご住職の言った通りじゃないかと思われそうですが

操体法では大自然の原理として人間は誰でも健康で幸福に一生を送れるように設計されていて

自然法則にそむくと心身の姿と動きに歪みが生じバランスが崩れて病気になると教えています。

そして「楽」という字ですが二つの意味があって、

一つは天然法則から外れた自分勝手で自堕落な「楽」、もう一つは自然法則に則った楽、

これを「快」とし言葉の便宜上分けています。

最初のご住職の感想にあてはめると

「心身の姿、快に動くのが良い」です。

そして今生で生活する限り苦痛はつきもの、時々気持ち良くなるよう動けば良いと続きます。

 

img_84001

 

ただ楽なだけじゃダメなんだよ、楽と快の違いをもっと意識して伝えないとだめだよと

今回のご縁から教えていただきました。

ありがとうございます。

羽黒の永福寺さんにて操体法健康教室

2016年12月11日 

img_23101

羽黒の永福寺の檀家さんに操体法をお伝えする機会を頂きました。

35名の参加者の皆様はとってもノリがよく助けられて予定時間をオーバーして

2時間にもなってしまいましたが大変楽しい教室となりました。

img_23141

立位の基本運動を中心に歪みを人に見てもらって確認したり、自分の感覚の中で

体感していただき体が変化していくのを実感して頂く事が出来ました。

 

img_23171

 

腰が痛いという事で仰向けに寝ていただいて操法を一つ二つやっている所です。

気持ち良い~を連発されていて症状も軽くなりました。

img_23201

 

肩こりの場合どうするの?という質問が出まして、治す方法じゃなく

ならない体の使い方やこつをお伝えしました。

 

img_23131

 

最後にご住職から頑張らないで楽な方へ。。、ばかりだとお寺として按配悪いかも?という

とっても良い感想を頂きました。お蔭で楽と快の違いの説明をご住職にする事が出来て

誤解が無くさらに良い形で終える事が出来ました。

 

事前にご詠歌の存在を庄内に来てから始めて知りましたとご住職にお伝えしたところ

教室の後、皆様のお計らいで南こうせつさん作詞・作曲のご詠歌を聞かせてくださいました

凛とした空間が鐘や鈴の音、歌声でさらに心地よく操体で云う「快」とはこういうものかなと

感じておりました。感謝。

 

 

 

TOPへ